Members

Members

All Articles

松﨑 泰教 助教

Yasunori Matsuzaki, PhD

E-mail: y.matsuzaki■gunma-u.ac.jp(■は@に変えてください)
出身地: 群馬県伊勢崎市
血液型: B型
趣味: 野球、音楽鑑賞、読書、ペット、観葉植物
ラボでの仕事:レンチウイルスベクター責任者
ラボでの仕事:お猿さん実験責任者
ラボでの仕事:ホームページ編集
ラボでの仕事:熱帯魚管理
所属学会:マーモセット研究会
所属学会:日本醸造学会
所属学会:日本農芸化学会

自己紹介

ウイルスベクターを用いた遺伝子導入、特に遺伝子治療に興味があり、大学院博士課程から所属しています。分子生物学、細胞生物学的手法を用いた研究を修士まで行っていましたが、現在は動物特にマーモセットを用いた脳内への遺伝子導入研究を主に進めています。

研究室について

機材が豊富に取り揃えられている研究室であり、脳疾患に対する治療法開発研究を進めるために必要な機材がほぼすべて備わっています。研究室の雰囲気も良く、様々なバックグラウンドを持つ人たちが集まっており、幅広いディスカッションが行われるため、本人のやる気次第で研究がどんどん進められる研究室だと思います。

プロフィール

学歴

2008年3月 近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科卒業 取得学位: 学士 (工学)

2010年3月 信州大学 大学院医学系研究科 医科学専攻修了  取得学位: 修士(医学)

2014年3月 群馬大学 大学院医学系研究科 医科学専攻修了  取得学位: 博士(医学)

職歴

2014年4月 群馬大学 大学院医学系研究科 脳神経再生医学分野 研究員

2015年4月 群馬大学 大学院医学系研究科 脳神経再生医学分野 産学官連携研究員

2015年7月~現職(助教)

研究業績

  1. Transduction Profile of the Marmoset Central Nervous System Using Adeno-Associated Virus Serotype 9 Vectors.
    Matsuzaki Y, Konno A, Mukai R, Honda F, Hirato M, Yoshimoto Y, Hirai H.
    Mol Neurobiol. 2016 Feb 16. [Epub ahead of print]
  2. Plasticity of the developmentally arrested staggerer cerebellum in response to exogenous RORα.
    Iizuka A, Matsuzaki Y, Konno A, Hirai H.
    Brain Struct Funct. 2015 Jun 30.
  3. Shp2 in forebrain neurons regulates synaptic plasticity, locomotion, and memory formation in mice.
    Kusakari S, Saitow F, Ago Y, Shibasaki K, Sato-Hashimoto M, Matsuzaki Y, Kotani T, Murata Y, Hirai H, Matsuda T, Suzuki H, Matozaki T, Ohnishi H.
    Mol Cell Biol. 2015 May;35(9):1557-72.
  4. Kv3.3 channels harbouring a mutation of spinocerebellar ataxia type 13 alter excitability and induce cell death in cultured cerebellar Purkinje cells.
    Irie T, Matsuzaki Y, Sekino Y, Hirai H.
    J Physiol. 2014 Jan 1;592(Pt 1):229-47.
  5. Generation of a neurodegenerative disease mouse model using lentiviral vectors carrying an enhanced synapsin I promoter.
    Matsuzaki Y, Oue M1, Hirai H2.
    J Neurosci Methods. 2014 Feb 15;223:133-43.
  6. Distinct transduction profiles in the CNS via three injection routes of AAV9 and the application to generation of a neurodegenerative mouse model.
    Huda F, Konno A, Matsuzaki Y, Goenawan H, Miyake K, Shimada T, Hirai H.
    Mol Ther Methods Clin Dev. 2014 Aug 6;1:14032.
  7. One-year follow-up of transgene expression by integrase-defective lentiviral vectors and their therapeutic potential in spinocerebellar ataxia model mice.
    Saida H, Matsuzaki Y, Takayama K, Iizuka A, Konno A, Yanagi S, Hirai H.
    Gene Ther. 2014 Sep;21(9):820-7.
  8. The murine stem cell virus promoter drives correlated transgene expression in the leukocytes and cerebellar Purkinje cells of transgenic mice.
    Oue M, Handa H, Matsuzaki Y, Suzue K, Murakami H, Hirai H.
    PLoS One. 2012;7(11):e51015.
  9. Identification of a high incidence region for retroviral vector integration near exon 1 of the LMO2 locus.
    Yamada K, Tsukahara T, Yoshino K, Kojima K, Agawa H, Yamashita Y, Amano Y, Hatta M, Matsuzaki Y, Kurotori N, Wakui K, Fukushima Y, Osada R, Shiozawa T, Sakashita K, Koike K, Kumaki S, Tanaka N, Takeshita T.
    Retrovirology. 2009 Sep 2;6:79.

PAGE TOP