Members

Members

All Articles

飯塚 朗 研究員(ポスドク) (現 群馬大学 研究・産学連携戦略推進機構 URA室)

Akira Iizuka, PhD

Mail: iiduka#med.gunma-u.ac.jp (#=@)
出身地:群馬県高崎市観音山のふもと
血液型:O型
趣 味:おいしいコーヒーを淹れること
趣 味:千葉にあるTOKYOに行くこと
趣 味:好きなキャラクターは、「美女と野獣」の野獣かルミエール
趣 味:Be our guestを聞くとテンションが上がる。
マイブーム:免染

自己紹介

学部生のころに神経科学(電気生理学)の産湯を浸かり、以来ずっと神経科学につかりっぱなし。現在はパッチクランプ法による小脳変性症の病態モデルマウスの解析がメインの仕事。細かい仕事が大好きなので、手先の器用さを活かした丁寧な仕事が売りのつもりで毎日研究を行っています。さしあたって、おいしいドリップコーヒーかRed bullがあればご機嫌です。/p>

当研究室について

一言でいうと「居心地が良い」です。
簡単な行動解析から、電気生理、分子生物学(生化学?)と幅広い実験が、研究室の中で行われているため、自分の足りない要素(私でいうと生化学の技術、知識)を補填できるのは大きな魅力です。逆に自分の力が必要なときは、貸すことで論文に名前が載せてもらえる(かもしれない)のも、おいしい環境といえるのではないでしょうか。
また、研究室内の雰囲気もよく、わきあいあいとしている空気は、なかなか得難いものかと思います。
最後に、ひとりひとり違うテーマを行っているので、やる気さえあれば学部生でも論文を残していけるのは、すごいんじゃないでしょうか。

これから大学院を決める学生さんへ

大学院を決める時は、研究室の研究内容や実績も大切だと思いますが、現実問題として学生が研究を行っていくうえで設備、そして研究室の空気も重要だと思います。それらがそろっているかも確かめる視点を取り入れて、探してみてください。とりあえず、当研究室においしいコーヒーを飲みがてら見学に来てください。そのうえで入学してくれれば、・・・うれしいなぁ。

業績

      1. Mutant PKCγ in spinocerebellar ataxia type 14 disrupts synapse elimination and long-term depression in Purkinje cells in vivo.Shuvaev AN, Horiuchi H, Seki T, Goenawan H, Irie T, Iizuka A, Sakai N, Hirai H.J Neurosci. 2011 Oct 5;31(40):14324-34.
      2. High transgene expression by lentiviral vectors causes maldevelopment of Purkinje cells in vivo.Sawada Y, Kajiwara G, Iizuka A, Takayama K, Shuvaev AN, Koyama C, Hirai H.Cerebellum. 2010 Sep;9(3):291-302.
      3. Rescue of abnormal phenotypes in delta2 glutamate receptor-deficient mice by the extracellular N-terminal and intracellular C-terminal domains of the delta2 glutamate receptor.Torashima T, Iizuka A, Horiuchi H, Mitsumura K, Yamasaki M, Koyama C, Takayama K, Iino M, Watanabe M, Hirai H.Eur J Neurosci. 2009 Aug;30(3):355-65. Epub 2009 Jul 15.
      4. Lentiviral vector-mediated rescue of motor behavior in spontaneously occurring hereditary ataxic mice.Iizuka A, Takayama K, Torashima T, Yamasaki M, Koyama C, Mitsumura K, Watanabe M, Hirai H.Neurobiol Dis. 2009 Sep;35(3):457-65. Epub 2009 Jun 30.
      5. Calcium-induced synergistic inhibition of a translational factor eEF2 in nerve growth cones.Iizuka A, Sengoku K, Iketani M, Nakamura F, Sato Y, Matsushita M, Nairn AC, Takamatsu K, Goshima Y, Takei K.Biochem Biophys Res Commun. 2007 Feb 9;353(2):244-50.
      6. Electrophysiological responses to light of neurons in the eye and statocyst of Lymnaea stagnalis.Sakakibara M, Aritaka T, Iizuka A, Suzuki H, Horikoshi T, Lukowiak K.J Neurophysiol. 2005 Jan;93(1):493-507. Epub 2004 Aug 11.
      7. Photoresponse from the statocyst hair cell in Lymnaea stagnalis.Tsubata N, Iizuka A, Horikoshi T, Sakakibara M.Neurosci Lett. 2003 Jan 30;337(1):46-50.

著書

    1. Recent developments in gene therapy research targeted to cerebellar disorders
      Hirai.H, Iizuka A
      Gene therapy applications 2011, Aug. p401-422

PAGE TOP