現在使用しているテンプレートファイル:front-page.php

研究室員募集

詳しくはこちら

令和5年度 大学院生・学部学生募集

生命医科学専攻修士課程(医科学修士、医学修士)・医科学専攻博士課程

私たちと一緒に楽しく研究に打ち込みませんか? 皆さんが研究に熱中できるよう、様々なバックアップ・サポートを準備しています。 詳しくはコチラをご覧ください。 >>

Information

All Articles
2022.04.20 >> 理研の宮道和成先生らとの共同研究がNeuron誌に掲載されました。
Neuron Available online 19 April 2022 Plasticity of neural connections underlying oxytocin-mediat
2022.04.13 >> 4月から大学院博士課程の青木君と修士課程の津久井さんが研究室に加わりました。
2022.04.13 >> プルキンエ細胞のPKCγがどのような刺激で活性化されるのかを解明
PKCは中枢神経系において、小脳に最も多く存在します。小脳のPKCの半分以上はPKCγで全てプルキンエ細胞内に存在します。PKCγはプルキンエ細胞の樹状突起と細胞体に広く分布しますが、どのような生理的
2022.02.15 >> 渡邊特任助教(現岐阜大学助教)の論文がPNASに掲載されました。
Protein kinase Cγ in cerebellar Purkinje cells regulates Ca2+-activated large-conductance K+ channel
2021.09.07 >> AAV-PHP.eB/mGAD65(delE1)_GFP WPRE SV40pA (GA-041) による遺伝子発現パターンを公開しました。
GABA作動性ニューロン特異的な mGAD65(delE1)プロモーターを搭載したAAV-PHP.eBベクターをマウスに静脈投与した場合の遺伝子発現パターンを公開しました。 mGAD65プロモー
2021.08.12 >> 世界の脊髄小脳変性症の研究者と共同で執筆した論文が出版されました。
Cerebellum. 2021 Aug 10. doi: 10.1007/s12311-021-01311-1. Online ahead of print. Consensus Paper:
2021.08.10 >> 本研究室の大学院生、ポスドクであったAnton君(クラスノヤルスク医科大学)との共同研究論文がNeurobiolo Dis (IF:5.996)に掲載されました。
Neurobiol Dis. 2021 Jul;154:105340. doi: 10.1016/j.nbd.2021.105340. Epub 2021 Mar 19. Chronic optog

PAGE TOP